Jaguar E-type


ジャガーというクルマは片道切符だと思う。
_MG_0387
このクルマに乗って自分のもとを去るヒトは二度と戻らないような気がするし
これに乗って旅に出ると、もうあともどりできないような・・・
そんな雰囲気、危うさを感じないではいられない。
_MG_0455

イタリアのクルマのように前後の見境がない感じではないのだけれど、
だからこそもっと意図された危うさ、策すらも感じないではいられない。

_MG_0480
そんなジャガーだから、一緒に旅に出ようか。
_MG_0519
時計なんか見るな。地図もいらない。手帳はしまっておけ。
太陽の導くままにハンドルを切る。そういう旅こそがふさわしい。
_MG_0630
そんなジャガーで君は待つ。
_MG_0659
寒ければ僕の上着を羽織るかい?
疲れたら休めばいいさ。
大好きな本と、スキットルは持ったかな?
月に照らされ何処までも。
_MG_0721
そんなジャガーは素敵だと思う。
_MG_0840
片道切符のジャガーでの旅。
きみ、ついてきてくれるだろ?
もう後ろは振り返るまい。

もしも帰るとき、今の僕とは違う僕さ。
_MG_0871
「ねえ、何してんの?」
クルマで待つ彼女のその言葉でハッとした。
まだ春というには早すぎるかな。
柔らかい日差しに見送られながら
どこまで行こうか。

photographer:Masaru Mochida

model:Rina Sugiyama

Writter:Kentaro Nakagomi