LOTUS EUROPA


この街に住もうと決めたのも、そぼ降る雨の日のことだった。

_MG_7688

切り通しを伝い、苔を這う雨垂れでさえ生き生きと感じられ、なんの疑いもなく鬱々としたものと決めつけていた雨。それをこんなにも新鮮に、感じさせてくれる街。だからこの街に住もうと思ったのだ。
_MG_7657
江ノ電を降りると、小さな小川が流れている。
雨を集めてはケラケラと笑うかのよう。
_MG_7882
その川に沿って歩くと、傍らには紫陽花
もう反対側には、苔が生える岩肌をくりぬいたような電車のトンネル。
_MG_7908
カエルや鳥の声を聞きながら坂を登り切ると海がみえる。
雨の日はここを一駅歩くことにしている。
傘も買った。大したものではないが、

雨の日のために買った長靴だって履くとワクワクする。

_MG_8531

この街で雨を待っているかもしれない。
最近そう思うことすらあるのだ。
_MG_8422
そして同様にして買ったのが私のクルマ。
晴れたら乗るのは当然のこと。
_MG_8432
でもこの街で暮らすのだから、
「雨が降ったら迷いたい」もの。
そう思ったのである。
_MG_8066
だから雨の日は大そう威勢がいい。
そういうクルマがいいと思った。
_MG_8110
その点こいつは、
もうどうしようもないくらい、ちょっと踏んだらクルクルと始まる。
_MG_8180

今日も雨だ。

_MG_8633

梅雨ももうすぐ開けてしまうだろうか。

やけに執拗に、雨の中を走りたいと言っているように
感じられてならない。
_MG_7809
蒸すな。でもこの街の梅雨の匂いが僕は好き。

photogrpher:Masaru Mochida

model:Akari Suzuki

writter:Kentaro Nakagomi