第44回東京モーターショー2015!


 第44回東京モーターショー2015が東京ビッグサイトにて10月30日からスタート、11月8日まで開催される。今回のテーマは「TECHNOLOGY×FANTASY」がコンセプト。サブテーマは「きっと、あなたのココロが走り出す。」とあるが、さてその言葉通りか、早速「クラシックカー美女」的視点でレポートします。

 今回最も話題になっているのはこちらのクルマ、MAZDA「RX-VISION」。MAZDAといえばロータリーエンジン。世界で初めて商用実用化に成功した。今回のモデルはこれを更に進化させた次世代型ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。MAZDAのコンセプトである「走る歓び」を体現したスーパースポーツである。一目でFRとわかる古典的なルックス、思わずその走りへの期待に胸が高鳴るスポーツカーである。ぜひ市販化を望みたい。

RX-VISION
 
 そしてこちらはNISSANのコンセプトカー「NISSAN CONCEPT 2020 vision granturismo」。その名前からわかるように2020年を想定したあらゆる技術が搭載されているという。空力を意識したデザインはNISSANの社内コンペで選ばれたもの。なんともアグレッシブなデザインである。

NISSAN CONCEPTCAR

 TOYOTAのS-FR。TOYOTAの往年のライトウエイトスポーツ ヨタ8を彷彿とさせる。FRレイアウトに6速マニュアルミッションを組み合わせた軽快な走りが期待できるモデル。ファニーな顔つきが何とも愛らしい。このパッケージングで4人乗りとのことなので実用性も十分考慮されている。発売されたら人気が出そうなモデルである。

TOYOTA S-FR

 KEN OKUYAMA DESIGNの「kode9 Spyder」今回筆者が最もかっこいいと思ったモデルである。コンパクトなボディにガルフカラーがとてもマッチしている。ミッドシップレイアウトされるエンジンはいくつかの排気量がチョイス可能との事。生産は山形の工場で行われるがショールームが青山にあるので興味のある方は是非足を運んでみてはいかがだろう、ただし販売台数はごく少数との事なのでその気のある方は印鑑を持参した方が良さそうである。

KEN OKUYAMA

 さて、こちらはPORSCHE BOXSTER SPYDER。発表と同時にかなりのオーダーが入り、無事納車されるか気を揉んでいる方も多いと聞く。3.8Lのフラットシックスをミッドに搭載。ミッションは小気味よく決まるMTのみで、走りにこだわったモデルである。718spyderを彷彿とさせるその特徴的なリアデザインはボクスターとは一線を画すものである。可能であれば是非入手したい1台である。

PORSCHE SPYDER

 最後に最もアグレッシブなクルマPOLARIS SLINGSHOT。写真では分かり難いが何とこのクルマ前輪が二つ、後輪が1つのスリーホイラーである。フロントスクリーンさえないこのクルマがどんな刺激的な走りを見せるか是非試乗してみたいものである。発売は来春との事。公道を走れば間違いなく注目度No.1である。

POLARIS

 今回のモーターショー、ご紹介したクルマは極々一部であるが、今までにも増してスポーツカーの出展が多く見ているだけで楽しくなってくる展示内容となっている。最近ではプラグインハイブリッドや自動運転などクルマの楽しさが奪われるではないのかと危惧していたが、まだまだ自動車の未来は明るい。FUN TO DRIVEは健在である。願わくば読者の皆さんが会場へ足を運び、クルマの楽しさを是非その目で確認していただきたいと思った次第である。